2009年01月02日

和食での低カロリーのレピシ

和食は、世界中で有名な健康食や。それは、低カロリーレシピやからや。やから、海外の諸外国でも和食を好んで食べる人が増えていまんねんわ。昔ながらのおばあちゃんが作るような和食は、油をほとんど使っておらず、ご飯を炊く、煮物を煮る、野菜をゆでる、魚を焼く、このような調理法で作られてきたんや。

今でこそ、ファストフードやコンビニ弁当やらなんやら高カロリーな食事を食べる人が増えてきとるのやけどアンタ、和食とは元来こういった低カロリーレシピなのや。メタボリックシンドロームの人や、その予備軍がようけなってきてしもたのは、そもそも食生活が欧米化したことが原因で、また、生活習慣自体も運動不足にならざるを得ないような形態になってきてしもたちうワケや。

そういった中で、健康志向が上昇したことが、低カロリーレシピである和食を見直すきっかけになりよったのだと思うで。さて、先にも述べたんやとおり、和食を頂いて健康になるためには、外食を続けていては無理や。オノレできちんと食事を作る習慣からつけなければならへんでっしゃろ。

そのためには、時間の使い方を管理しなくてはなりまへんし、何より、難儀だと思ってしまう気持ちをなくしていかなくてはなりまへん。どうやろか?出来そうやろか?もし、時間を取るのがややこしい場合には、食材の宅配サービスを利用する方法もあるんや。食事を選ぶことができ、その献立に必要な材料をすべてそろえて届けてくれまっしゃろから、買い物をして材料をそろえる手間が省けまんねんよね。せっかく、和食の国に生まれたんや。低カロリーレシピで健康になりまひょ。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
和食での低カロリーのレピシ
    コメント(0)